%site_name” title=

お宮参り、七五三、合格祈願、初詣、縁結びなど、私たちの人生の節目には“神社へのお参り”という習慣があります。
でも、参拝に出かける神社がどのようなご利益を授けてくださるかまでは知らないことも多いもの。

今回は、電話占いモネ占い師・この葉先生が、実際にパワーやご利益を感じた神社10社をご紹介してくださいました。
初詣、良縁祈願・縁結びのご参考に!

(監修・執筆:電話占いモネ占い師この葉先生)

 

%site_name” title=

「神宮」といえば伊勢神宮のこと。
神道の中心的存在で「天下無双の聖地」ともいわれています。
20年に一度行われる社殿を造り替える式年遷宮の神事でも有名ですね。
伊勢神宮は、「皇大神宮」(内宮)と「豊受大神宮」(外宮)からなることは有名ですが、実は14所の、43所の、24所の、42所のがあります。
これら125の宮社全てをふくめて神宮として、伊勢神宮を中心に神域が作られているのです。

 

伊勢神宮のご祭神とご利益
伊勢神宮の境内は、静、浄化のパワーに溢れています。
心を落ち着けたい、ゆっくり自分の内面と向かい合いたい、 そんなときに参拝に出かけると気づきを与えてくれる神社です。

伊勢神宮のご祭神は、内宮は太陽神であり日本人の総氏神である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」、 外宮は衣食住を始めすべての産業の守り神の「豊受大御神(とようけのおおかみ)」です。
国そのもの、生活そのものを見守る神様が御祭神であることから、 伊勢神宮では個人のお願いごとをしてはいけないとされています。
伊勢神宮では、世の平和を願ったり、日ごろの感謝を伝えましょう。
恋愛成就や縁結びなら「石神さん」へ!

伊勢神宮から少し足を延ばして鳥羽市の「神明神社の石神さん」にお参りするのがおススメです。
石神さんは、“一生に一回だけ女性のお願いを叶えてくれる”といわれる神様です。
私の友人は、石神さんにお参りした後、外国人の彼との超遠距離恋愛を実らせ国際結婚。
現在はオレゴンに住んでいます♪

 

伊勢神宮のデータ
ご祭神:内宮/天照大御神、外宮/豊受大御神
ご利益:福徳
交通:内宮/JR伊勢駅よりバス15分、外宮/伊勢駅より徒歩
%site_name” title=

 

%site_name” title=

「大社」といえば出雲大社のこと。
「国中第一の霊神」と謳われ崇拝を集めています。
出雲大社といえば、旧暦10月の「神在月」(かみありつき)の神事が有名です。
これは、全国から八百万の神々が出雲大社に集まり、縁結びの会議をするといわれているものです。
また、大きなしめ縄も有名です。
出雲大社のしめ縄は、長さ13メートル、胴回り9メートル、重さ3トンにもなるそうです。

 

出雲大社のご祭神とご利益
出雲大社の境内は、太陽のように明るく強いエネルギー満ちています。
伊勢神宮が月なら出雲大社は太陽、伊勢神宮が静なら出雲大社は動、という印象です。

出雲大社のご祭神は、国造りの神話の英雄であり、縁結び・福の神「大国主命(おおくにぬしのみこと)」。 そのお力は、恋愛の縁だけでなく、人間関係や会社との縁にも及びます。
実際に私の場合、出雲大社にご参拝に上がった後、よい仕事のご縁をいただきました!

それから、出雲大社の大きなしめ縄の真下から 10円を投げてしめ縄にささると良いご縁をいただけるという噂もありますがあくまで噂。
神様にものを投げる行為にあたりますので控えましょうね。
普通に参拝するだけでしっかりご縁がいただけます!
出雲大社のデータ
ご祭神:大国主命
ご利益:良縁、縁結び
交通:出雲市駅よりバス30分
%site_name” title=

 

%site_name” title=

日本各地に浅間神社という名前の神社がありますが、その総本山がここ、富士山の裾野に鎮座する「浅間大社」です。
本殿に至るまでの参道の両側には神苑がひろがっています。
富士山の湧水でできた透き通った池と、約1,500本の桜の木は、参拝者をほっとさせてくれます。
ちなみに、富士山の8合目以上の全域が浅間大社の奥宮です。

 

浅間大社のご祭神とご利益
浅間大社のご祭神は、日本神話一番の美女神といわれる「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」です。
邇邇芸命(ににぎのみこと)から求婚されたことや火の中で出産したという神話から、 女性の美と健康、良縁、子宝、縁結びにご利益があるとされています。
木花咲耶姫の神話は、姉の磐長姫命(いわながひめのみこと)との姉妹の愛憎物語としても 興味深いものなので、気になる方は調べてみてください。
私は初詣で何度か訪れています。
真っ赤な鳥居、青い空に映える富士山の白い雪という美景は、初詣でこそ眺めたい景色です。
浅間大社のデータ
ご祭神:木花咲耶姫
ご利益:健康、良縁、子宝、縁結び
交通:JR新富士駅より徒歩10分
%site_name” title=

 

%site_name” title=

日本三景の一つ、安芸の宮島に鎮座しているのが「厳島神社」です。
海の中の鳥居でも有名ですね。
満潮時には神社が海の上に浮かんでいるかのように見え、まさに絶景。
厳島神社の本殿前には、海を望むように国宝の平舞台があり、これもまた絶景です。
また、宮島全体が神域とされていて、島には手つかずの自然が残り鹿が闊歩しているところも魅力です。

 

厳島神社のご祭神とご利益
厳島神社のご祭神は、「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」「田心姫命(たごりひめのみこと)」 「湍津姫命(たぎつひめのみこと)」ですが、平清盛が崇敬したことから武家の護り神として語られることが多いかもしれません。
こうした背景から、必勝祈願や武運長久、商売繁盛といったことにご利益があるとされています。
また、海上の安全を護るご利益もあります。
実際に参拝に上がると、あまりの景色の美しさにお願いごとやご利益なんて忘れて、ただただ景色に見入ってしまいますよ。
厳島神社のデータ
ご祭神:市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命
ご利益:必勝祈願、商売繁盛、大願成就
交通:JR宮島口駅より連絡船で10分
%site_name” title=

 

%site_name” title=

氷川神社は東京と埼玉(武蔵国)で200社以上を数える神社ですが、その武蔵一宮(総本山)が大宮にある「氷川神社」です。
八岐大蛇(やまたのおろち)退治の神話があるのはこの地です。
この神話から、中世の戦乱期には関東の武将・坂東武者の篤い信仰を受けたとされています。
また、八岐大蛇を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)と稲田姫(いなだひめ)が結ばれたことから、 縁結びの神様としても奉られています。

 

氷川神社のご祭神とご利益
氷川神社のご祭神は、八岐大蛇退治に登場する「須佐之男命」と「稲田姫命(いなだひめのみこと)」「大己貴命(おおなむちのみこと)」です。
特に病気平癒にご利益があるとされていますが、近年は、縁結びのご利益が強いと女性の参拝客が増えているようです。
早朝、境内にある御神木のケヤキに抱きつくと良縁がいただけるんだとか!
抱きつかずとも触れるだけでパワーがもらえますし、参道を歩いているだけで心も身体も浄化されますよ。
氷川神社のデータ
ご祭神:須佐之男命、稲田姫、大己貴命
ご利益:病気平癒、必勝祈願、良縁祈願、縁結び
交通:JR大宮駅より徒歩25分

 

%site_name” title=

鞍馬山と貴船山に挟まれた山間にある「貴船神社」
左右に灯篭が並ぶ本殿へと続く石階段が壮麗な美しさをもって参拝客を出迎えてくれます。
本宮、結社(ゆいやしろ)、奥宮の三社からなり、ご祭神はいずれも水に関連した神様です。
本宮は、湧き水でできた泉に浮かべる「水占みくじ」が有名です。
奥宮には、玉依姫命(たまよりひめのみこと)が乗ったとされる船形石や、 本殿の下には誰も見ることが許されない龍穴があり、神秘的で厳かな空気を称えています。

 

貴船神社のご祭神とご利益
京都には多くの神社がありますが、私的No.1神社は貴船神社です。
境内に入る石段の下に立つだけで、空気が違うことに気づくはず。
凛とした空間のオーラに、敏感な方は場合によっては具合が悪くなってしまうかもしれません。

良縁祈願や縁結びに強いご利益があるとされていますが、貴船神社は良縁かどうかの神判のお力が強いように感じます。
良縁であれば縁はより強まり、悪縁であれば切れていくということですね。
私の友人は参拝後、腐れ縁をすっぱり切りスピード婚に至りました!
近くの鞍馬山と一緒にご参拝を。
貴船神社のデータ
ご祭神:本宮・奥宮/高龗神(たかおかみのかみ)、結社/磐長姫命
ご利益:夫婦和合、良縁祈願、縁結び
交通:京福電鉄鞍馬線貴船口駅より徒歩
%site_name” title=

 

%site_name” title=

「宇佐神宮」は、全国に4万以上あるとされる八幡神社の総本宮です。
伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として皇室の御崇敬を受けています。
自然のままの森に鎮座する本殿は国宝に指定されていて、八幡様の総本宮・鎮守の神の名にふさわしい堂々とした威厳を誇っています。
広大な敷地の中には3つの本殿(一之御殿、二之御殿、三之御殿)はじめ、多くの摂社や末社があります。
広さはもちろんのこと、縁起(伝承)も含めて九州を代表する神社といえるでしょう。

 

宇佐神宮のご祭神とご利益
宇佐神宮は、大陸の文化と産業を輸入した応神天皇のご神霊である八幡大神がご祭神。
そのためなのか、境内は明るくほがらかで、どことなく南蛮の雰囲気を持っています。

ご利益は福徳全般。
どんな願いも聞き入れてくださるといわれています。
ただし、天皇がご祭神ですから“天皇陛下になりたい”という願いだけはNGだそうです。
私自身は、具体的にご利益を感じたというよりは、全体的な運気がアップしたように感じました。
九州は天孫降臨神話や邪馬台国神話など神話が多く残っていますが、宇佐神宮もまた神話に登場する歴史ある神社ですので、 一度は訪れていただきたいところです。
宇佐神宮のデータ
ご祭神:一之御殿/八幡大神(応神天皇)、二之御殿/比売大神(ひめのおおみかみ)、三之御殿/神功皇后
ご利益:福徳、開運招福、大願成就
交通:JR日豊線宇佐駅よりバス10分

 

%site_name” title=

日向灘を望む鵜戸岬の突端に築かれた「鵜戸神宮」
社殿は洞窟の中に鎮座しています。
本殿の下(崖から海を見下ろした場所)には「霊石亀石」という岩があり、その岩のくぼみに「運玉」を投げ入れて 一回で入ると願いが叶うといわれています。
「鵜戸千畳敷奇岩」(別名「鬼の洗濯板」)も有名で、鵜戸神宮境内からの日向灘の景色とともに観光地としても人気です。
古くは新婚旅行でも人気を集めたそう。

 

鵜戸神宮のご祭神とご利益
鵜戸神宮のご利益は夫婦和合と安産
社殿がある洞窟で豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が「日子波限建鵜葺草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)」を出産したという神話からきているものです。 私が参拝に上がったときも、妊婦さんが多くいらしていた印象です。

前述の「霊石亀石」に「運玉」を投げ入れるというものは、参拝客のほとんどの方が挑戦されていました。
運玉は一回につき5玉ぐらい頂戴できるのですが、なかなかくぼみに入ってくれない!
欲張って繰り返し挑戦してしまったため、ご利益はいただけず・・・
境内へ向かう道の横には、海と千畳敷奇岩という壮大な景色が広がっています。
参拝の前からその自然の力強さにエネルギーをもらえる場所です。
鵜戸神宮のデータ
ご祭神:日子波限建鵜葺草葺不合命
ご利益:夫婦和合、安産、良縁祈願
交通:JR宮崎駅よりバス
%site_name” title=

 

%site_name” title=

「伊豆山神社」は相模灘を一望する小高い山の中腹にあります。
山といっても石段がありますので、石段を上りながら末社を参拝して本宮に向かっていきます。
伊豆山神社は、源頼朝と北条政子が崇敬したことで有名です。
戦の前に伊豆山神社に参拝した源頼朝は、平家を倒し鎌倉幕府を樹立、征夷大将軍となったことから、 戦国時代には後北条氏、江戸時代には徳川将軍といった武家の崇敬を集めたそうです。

 

伊豆山神社のご祭神とご利益
伊豆山神社はそれほど有名な神社とは言えませんが、知る人ぞ知る神社
ご祭神は「火牟須比命(ほむすびのみこと)」ですが、源頼朝と北条政子が逢瀬を重ねた場所という伝承から、 この2人の強烈な力がいただけるのでは?と言われています。
ご利益は必勝祈願、強運守護、福徳、夫婦和合、縁結び
次に紹介する「箱根神社」とあわせてニ所詣(にしょもうで)をすることで、そのご利益がより強くなるといわれています。
伊豆山神社のデータ
ご祭神:火牟須比命(ほむすびのみこと)、天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
ご利益:必勝祈願、強運守護、福徳、夫婦和合、縁結び
交通:JR熱海駅よりバス7分
%site_name” title=

 

%site_name” title=

芦ノ湖畔にたたずむ「箱根神社」
末社として「九頭龍神社」を抱えています。
箱根神社の歴史は古く、「武家・武将の必勝祈願・心願成就の神社として箱根権現と崇敬されていました。
その後、東海道の安全祈願(今でいう交通安全)、現在では開運や金運、厄除けなどので多くの参拝客を集め、 また、末社の九頭龍神社は、近年、縁結び・良縁祈願で注目を集めています。
九頭龍神社の本宮は箱根神社から少し離れた場所にありちょっと不便。
箱根神社の中に新宮があるのでこちらで両社参りを。

 

箱根神社のご祭神とご利益
箱根神社は、誰もがそのパワーを感じることのできるまさにパワースポット。
近年は九頭龍神社の縁結びのご利益が有名になっていますが、箱根神社も縁結びのお力は強く、 箱根神社にお参りに行ったら恋人ができた、という声もよく耳にします。

そして、伊豆山神社とあわせてお参りするとそのご利益は倍増
箱根神社から山を越えて伊豆山神社へ、という順番がよいとされています。
私が箱根神社と伊豆山神社のニ所詣(にしょもうで)に行ったときは嵐のような大雨で、あえなく途中で断念。
ちなみに、こういう「たどり着けなかった」「なんらかのトラブルで参拝ができなかった」という時は、 その神社とはご縁がないということ。
目に見えない力が働くのですね。
箱根神社のデータ
ご祭神:瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでのみこと)、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)
ご利益:安全祈願、開運、厄除け、必勝祈願、良縁祈願、縁結び
交通:小田急箱根湯本駅よりバス
%site_name” title=